金の純度について


「ワンランク上のオシャレアイテム。本物の18金や21金のジュエリーを身につけてみませんか?」

金は純度の違いによって、18金や21金などと呼ばれています。

金の純度について意識すると、ジュエリー選びの選択肢が広がります。そして、もっと楽しくジュエリーを身に着けられるようになります。

皆さんはゴールドのジュエリーを選ぶ時、金の純度を重視しますか? 正直なところ、以前の私は金の純度を重視せず、デザインと価格ばかりを意識していました。

お手頃な価格のものは、ほとんどが金コーティング(メッキ加工)。買った当初はすごく綺麗に見え、お手頃な価格で好きなものを手に入れることができたことで、得をした気分になったり、出費を抑えられたことに満足していました。でも、身に着けているうちに金の部分が剥げてしまったり、変色してしまったものもあり、後々着けなくなってしまったものもたくさんありました。

せっかく素敵なものや可愛いものを買うなら、やはり長く使える質の良いものを選びたいですよね?

私が金の純度を意識するようになった背景には、中東の人達の“ゴールドジュエリーを資産として見ている”という慣習があります。彼らは、金の質や価値にとてもこだわりを持っているので、そのニーズに合う高品質の金を使った素敵なゴールドジュエリーが、中東には数多く揃っています。

また、中東の人達には、“本物を”身につけたいという思いも強いようです。

ここでは、皆さんにゴールドジュエリー選びをもっと楽しんでいただけるよう、金の純度について簡単にまとめてみました。

  • 純金って?

金の純度についてお話しするのに、欠かすことのできないのが“純金”。

金は昔から人々を魅了し続けてきました。“純金”という響きになんとなく心が惹かれてしまうという方も多いのではないでしょうか?

純金は、金以外の物質が含まれていないもので、一般的に、24金、24KKarat)で金の含有率が99.9%の金のことをいいます。

どうして99.9%かというと、金を精製する過程でどうしても金以外の物質が混ざってしまうからです。

  • 金の純度って?

18金や10金という用語は耳にすると思います。18金も10金も、どちらも金なのですが、その中に含まれている金の量が違います。

純金(24金)はとても軟らかい物質で、実用的に使うにはあまり適していません。そこで、純金に銅や銀などを混ぜて耐久性を上げます。そうして金と他の金属が混ざってできたのが、18金や10金です。

“18”や“10”といった数字が大きくなるほど金の含まれている割合(含有率)が高くなり、価格も価値も高くなります。

金の含有率を金の種類別にまとめてみました。

種類

金の含有率

(純度)

24金(純金)

99.9%

22金

91.7%

21金

87.5%

18金

75.0%

14金

58.5%

10金

41.7%

 

表のように、14金や10金は半分位が金以外の物質でできています。

ちなみに、18KK18は18金のことで、“K”とは金の単位の“Karat”を省略したものです。

ソリッドゴールド・金コーティング(メッキ)・ゴールドフィルドの違い

金が使われている量が違います。

  • 金コーティング(メッキ)

真鍮など他の金属品の上に18金などの金をコーティングしたもの。

中身の部分は全く違った金属で作られていて、表面だけに18金がコーティングされているもので、金の含有率は非常に低くなります。お手頃な価格で購入できるのは、こういった理由からです。身につけている間の磨耗でコーティングが剥がれてしまうことがあります。

  • ゴールドフィルド

金で作られた製品の中に真鍮など他の金属を流し込んだもの。

ゴールドフィルドも中身の部分は全く違った金属で作られています。

  • ソリッドゴールド

金コーティングやゴールド フィルドは中味の部分は全く違った金属で作られているとご説明しましたが、ソリッドゴールドは全てが金で作られています。18金ソリッドゴールドと言えば中の部分も全て18金でできているということです。金の含まれている量が多いことから、他のタイプのジュエリーより価格も、価値も高くなります。

最後に

日本で多く見かける14金や10金のジュエリーや金コーティングのものは価格はお手頃ですが、より純度の高い18金や21金の方が断然美しくて価値も高く、長い間使うことができます。

お出かけやデート、普段使いでも上質の金を身につける習慣をつけてみませんか? 金は太陽エネルギーの象徴。あなたに元気をくれて明るい気持ちにしてくれる“パワージュエリー”です。

 

これからは

「デザインx 価格 x 純度

 で、ゴールドジュエリー選びをより一層楽しんでみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

~English Version Blog~

Gold Purity

Being aware of the purity of gold will give you more choices in jewelry selection and make it more enjoyable to wear.

Do you value gold purity when choosing gold jewelry?

To be honest, previously I was unaware of the purity of gold. I was more conscious of design and price.

Most low cost accessories are gold coated (plated) or low in gold purity. When I previously made jewelry purchase, I purchased what I thought at the time looked good, at a reasonable price, and I felt satisfied and proud that I could save some money. However, while wearing it, the gold plating peeled off or became discolored, I didn’t want to wear it anymore. 

If you are buying something nice and pretty, you want to choose a quality item that can be used for a long time, right?

Here is a brief summary of the purity of gold so that you can more enjoy your choice of gold jewelry.

What is Pure Gold?

To talk about the purity of gold, "pure gold" is indispensable. 

Gold has always fascinated people. Aren’t there a lot of people who are attracted to the sound of "pure gold"? 

Pure gold does not contain other substances other than gold. Generally, pure gold is gold with 24K (Karat) and a gold content of 99.9%. The reason the content is 99.9% is because substances other than gold cannot be avoided to mix in during the process of refining gold. 

What is Gold Purity?

You must have heard of 18K and 10K often. Both 18K and 10K are gold, but the amount of gold contained in them is different. 

Pure gold (24K gold) is a very soft substance and is not very suitable for practical use. Therefore, the durability is improved by mixing copper, etc. with pure gold so that it can be used practically. That’s how 18K and 10K gold is produced.

The higher the number, such as ‘18K’ and ‘21K’ the higher the percentage of gold content and, the higher the price and value.

Below is the summary of the gold content by gold type. 

Gold Type

Gold ContentPurity

24K(Pure Gold

99.9%

22K

91.7%

21K

87.5%

18K

75.0%

14K

58.5%

10K

41.7%

 

As shown in the table, about half substances of 14K and 10K gold is other than gold. 

Note: 18K and K18 are both 18K gold, and "K" is the abbreviation for "Karat", a unit of gold. 

Difference of Solid Gold, Gold Plated , and Gold Filled

The amount of gold used is different.

  • Solid Gold

Solid gold, is made entirely of gold. Speaking of 18k solid gold, the contents are all made of 18k gold.  

Because of the high amount of gold, it is more expensive and more valuable than other types of jewelry.

  • Gold Plated

A material coated with gold, such as 18K gold, on other metal items such as brass. The inner part is made of a completely different metal.  Gold content is very low.

That's why you can buy it at an affordable price. The coating may come off after worn for a while. 

  • Gold Filled

A product made by pouring other metal items such as brass into a product made of gold.

The inner contents of Gold Filled jewelries are completely different metal. 

To Sum Up
In the Middle East, 18K, and 21K and 22K gold jewelry which are rarely found in Japan, are the mainstream. This is because of their custom of buying gold jewelry as an asset.

Buying gold jewelry is buying gold. If you don't buy something financially valuable it won't be an asset. Also they seem to place a lot of importance on wearing quality jewelry. 

In Japan, 14K and 10K gold jewelry and gold-coated jewelry are more common, but higher purity of gold such as 18K and 21K gold is more beautiful and valuable. It can also be used for a long time. It’s also a very good investment, as the gold price rises so does the value of your jewelry.

When going out with your friends or partner, or even for everyday use, I think it is a great habit to wear high quality gold. 

Gold is a symbol of solar energy. It is “Power Jewelry” that gives you energy and makes you feel happy

From now on consider

"Design x Price x Purity"

Enjoy the selection of gold jewelry even more!

Thank you for reading until the end :)


f