中東での金について


中東では古代文明メソポタミア文明にさかのぼり6000年も前から金を宝飾品として身に着けていたと言われています。

そして何世紀も経った今でも、宝飾品としてのみでなく経済的、文化的、そして社会的な面でも中東の人々の暮らしに深く関わっています。

中東で購入された金の多くは装飾品としてのみでなく、経済的保証という意味でも利用されています。

特に金融制度が未発達の地方においてはその傾向は顕著だそうです。現代の経済学者達の中でも金を信用性のある貯えとしている場合は少なくありません。

そうした金への信用性はこれからも変わることはないだろうと言われています。

About Middle Eastern Gold:

Historians tell us gold jewelry was made in the ancient Mesopotamian civilizations in the Middle East over 6000 years ago, and yet today gold is still deeply rooted and plays an central role in Middle Eastern society.

Much of Gold jewelry purchased in the Middle East is used not only for personal adornment but also for financial security, this is particularly prevalent in remote areas where people don’t have easy access to banking systems.

Similarly in Arab style weddings, a groom will purchase gold for his bride, showing her he can provide for her and bring her financial security. Our fascination with gold is explained by today’s economists who consider it to be a reliable store of wealth and value, and that reputation is not likely to change any time soon.


f